様々な名称

Posted by beadswitzer.com | | 木曜日 15 8月 2013 3:48 AM

神戸で医師求人をお探しでしたらこちらを利用しましょう:ドクターズWORKER

メディカルクラーク、メディカルアシスタント、ドクターズクラーク、医師秘書、メディカルセクレタリー、医療秘書、医療クラーク、医師事務作業補助者。
これらはすべてほぼ同じ仕事内容の職業なんですよ。厳密に言うと細かく定義が違ったりはするのですが、基本的な仕事内容は変わりません。
医師事務作業補助者という名称は2008年に、診療報酬が改定されたことに伴って、医者の事務作業による負担を減らし安定的な医療体制を提供するために生まれた職名なんです。名称が誕生したのは最近ですが、それ以前からもこれらの仕事をする人は病院に必ずいました。
それらが冒頭に書いた名称なんです。なんだかとっても難しそうですよね。

医師事務作業補助者が具体的にどんな仕事をしているのかというと、診断書やカルテなどの文書の作成、最近は電子カルテが多いですから電子カルテへの代理記入も行います。それから処方箋の作成やカンファレンスの準備など、それまで医者が行なっていた事務作業全般に渡ります。
つまり病院で医師が行う事務作業全般をお手伝いする仕事が医師事務作業補助なんです。事務作業ですから特別難しい仕事がありませんし、基本的には誰でも行うことができます。
しかし病院に関する事務作業ですから、病院の信頼、医師の信頼にも関わってきますし、患者さんにとってもとても重要な役割であるんです。
さらに医師や看護士、患者さんとコミュニケーションを円滑に取れるかどうかも重要になってきます。事務だからといって人との関わりがないわけではないので、コミュニケーション力も必要となってくるわけです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。